MCAシステムの構築 2

MCAシステムの構築の続きです。
今まではメインPCで計測を行っていましたが、使わないPCパーツが溜まってきたので、パーツを組合わせてMCA専用PCを組立てることにしました。
組立てるといってもコネクタを差し込むだけ。ほんの10分ほどでハードウェアは完成。

使ってなかったWindowsVistaHomePremium32bit版をインストールしてみました。
中古パーツゆえにスペックもショボくWindowsVistaの重さに耐えられるか分かりませんでしたが、何ら問題はありませんでした。
今回のマシンはポータブル運用を考えていますので、通常のPCケースを使わずアルミ風アタッシェケースに組入れることにしました。

この中にPCのハードウェア一式とLCDディスプレイを取り付ける予定です。
今回、使用したマザーボードですが、設計が良いのか電源周りのノイズがとても少ない感じです。その効果もあって、シンチレータープローブの分解能を生かせているようです。
Cs-134とCs-137のピークをある程度分離できています。

アルミ風アタッシェケースの加工がかなり面倒ですが、何とか工夫してうまくまとめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です