輝き続けるために

先日新聞で建設業の業種別格付けが載っていた
私が昔居た会社は、その業種では道内2番手
私が居た頃も2番手
1番を目指さない2番手で
それが嫌だった!
3番手だろうと10番手だろうと
上を目指し、更に突き抜けるものを目指していれば
辞めなかったかもしれない
その会社には色々な経験をさせてもらい
今も感謝の気持しかない
だからいつも見ているし
応援してる
しかし、自分が求めているものと違い
更には求めているほど成長できないと感じれば
それぞれの道を歩むしかない
そして、輝いていたのに光を失う人もいる
本人が悪いのか、出世した中で
行き詰ってしまったのか?
会っていて寂しくなってくる
どちらにしても会社の上の方の問題に繋がる
自分も今はそう思われる立場の方に入っている
自分が突き抜けるものを見失い
若い子に同じ思いはさせたくないといつも思う
もっともっと突き抜けなければならない!
若い世代も
出る杭は打たれる程度ではなく
もっと突き抜けていいと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です