巻き込み

僕はいままでの経験から、部署は関係なく
仕事をすすめる上で大切と思っていることがいくつかあります。
そのうちの一つは
「巻き込む」
です。
新しいコトやモノをはじめたり作ったりするときには
特に大切です。
できるだけ沢山の人を「巻き込む」のです。
もう、少しウザいと思われるくらいでちょうどよいと思います。
とにかく色んな人から意見を出してもらいます。
そうすると、
それを進めていくのに最適なメンバーが見えてきます。
進展的な意見を言う人、否定的内見を言う人が出てきます。
どちらも必要です。
否定的な意見を言う人=心配性な人
です。
進展的な人たちばかりだと
その場は楽しくどんどん盛り上がりますが
冷静な人に突っ込まれると、ボロが出まくり
成功は難しくなります。
だけど、スパイスとして心配性な人を混ぜて
その人を安心・納得させられるように調整できれば
良い結果が見えてきます。
それと、こうやって巻き込むときに
気をつけてほしいことがあります。
誰の話も否定しない。
心をオープンにしてすべて一旦受け入れるのです。
スパイスが辛すぎて
その時は受け入れがたいこともありますが
色々聞いているうちに、自分の考えが変わってきて
視野が広がり受け入れられるようになることもあります。
それでもおかしいと思うときは、本人と話すか流せばよいのです。
これは僕がいままで見てきた
うまくやっている人に共通していることです。
年上の人も、年下の人もいました。
もちろん男性も女性もいて
みんな尊敬できる人たちです。
若いうちは気後れして、色々な人にアタックするのが
難しいと思うこともあるかもしれませんが
そんなときは、気後れなんてどっかに置き忘れてしまった
人を有効活用してくださいね(笑)

2件のコメント

  1. 「巻く」か「巻かれるか」という違いはあるかもしれませんが、どちらにせよグルグルしてれば、頭の中もグルグルして考え方も変わってくるんじゃないかと思ってます♪

  2. 自分もグルグルと巻き込む派ですが
    状況が変われば考え方も変わる
    立場が変われば考え方を変えなくてはいけないっと思ってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です