小泉総理以来の強気解散

衆議院が解散
安倍総理はアベノミクスの是非を問う選挙と言いました
正直、私ごときが言うのもなんですが
安部総理強くなったな~と思いました
前回は何も出来ずにドミノ解散
今回は就任前から色々な業界にも根回しができていて
就任直後から景気回復へ向けた政策に
アベノミクスというタイトルを報道側から打ちださせ
実行できる面子と行動、日銀との連携もスムーズ
長島さん・松井さんのダブル国民栄誉賞で
明るい雰囲気も作って公共工事の実弾もガツッと撃って
マスコミからのネガティブキャンペーンもさせない
自民党が一体になって取り組んでいるとも感じていました
そんな中、前回を思わせるような
相次ぐ大臣叩きでの野党の攻勢に
大鉈振って解散!
言葉にすれば、
「対策案も無いクセに足引っ張ってんじゃねえ!」
ってところでしょうか
私は特にひいきの政党はありませんが
一国民としては、野党からアベノミクスに対抗できる案が
元々無いので、選びようがない
それをわかっている安倍総理が
アベノミクスの是非を問う!(俺に対抗できる政策あんのか!)
って言って解散させるんですから
解散総選挙の盛り上がりはイマイチだけど
こんな強気なことを出来るなんて、やっぱり師匠の弟子ですね
それに政治を前進させるべきで
過去のような足の引っ張り合いの政治はもう見たくありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です