大雨の中で

このところ、砂金掘りネタばかりになってますが、楽しめるのも雪の降るまでなので、しつこく書いていきます。
この週末は大雨予報でしたが、本州から知人が来ていたので一緒に近隣の川に掘りに出掛けました。
本命の川はこの通り。

川原まで濁流が来てます。これでは流れが速くて掘れませんし、川に入っていたら急な増水で流されます。
ってことで、他の川に向かいました。
この川も増水していましたが、まったく濁りはありません。
でも、水は冷たく体が冷えてきます。
砂金が出れば、そんなことはすぐ忘れるんですけどね。
この川も割と人が入るようで、あちこち掘った跡が残っています。
それでも、サンプル程度は採取でき、この悪天候の中では上出来な方かな。
来週末も掘りに出掛けますよー。雨降っても。

2件のコメント

  1. 川ごとに管ビンに入れてあります。
    面白いことに川が違うと砂金の形や色、表情が変わるんです。
    慣れてくると砂金を見れば産地が分かるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です