何十年前のにぎわいを思う

先日、道新の記事「スケッチ北のまちかど」を読んで、その時のことを懐かしく思い出しました。
15丁目界隈とは10代の時に良く通った所で仕事場が近かった事もあり折に触れてにぎわいのあった町並みでした。
記事にも書いてあった、8月の「盆踊り」には、踊り手として夏の夜を踊りあかした時も有りました。スケッチの中にも有った「銀ビル」最上階の「回るラウンジ」が出てきたときなどは何周もして楽しい時間を過ごした事などの記事を読み、その時々が思い出されました
あれから仲見世を通るたび、人の流れが変わり店が少なくなっていますが、
下町の良さを出した町作りをしていってもらいたいです。

4件のコメント

  1. 今月30日から入社させていただく南 勇気です。よろしくお願いします。
    いまから入社式に緊張してまして夜も寝れません。
    色々ご迷惑おかけすると思いますがご指導の方よろしくお願いします。
    15丁目といいますと鳥居がたくさんあるところでしょうか?
    お祭りシーズンになりますとホントににぎやかな町になる旭川。そんな旭川が僕は大好きです。

  2. ぷちの家族は今度 三○館の階段踊り場にジュータンが、未だに立てかけてあるか見に行く予定です。

  3. 15丁目の盆踊り・・懐かしいですね~私もよく
    見物に行きました。民謡酒場・パチンコ店・キャバレー賑やかでしたね~今では想像が付かない位・・
    寂しくなりました。買物公園もそうですが
    時代なんでしょうか?!

  4. 入社することになりました西と申します。今月30日から働くことになっています。たくさんご迷惑をかけることもあると思いますが、どうぞこれからよろしくお願い致します。
    仲見世通りはバスで4条を通る時にちょっと見ますが、人通りが少なく感じますね。私もお祭りの時ぐらいしか通ったことないです。
    大学の授業で、この商店街に新しい施設を提案して、商店街を活性化させようというものがありましたが、たくさん面白いアイディアがあったので、実現出来たらいいのになぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です