何事も最初の1回目が大変

日曜日、フランスで世界最高峰のレース『 凱旋門賞 』の前哨戦が行われました。
2つのレースに日本馬が出て2頭とも優勝!
今年は、もしかするかも知れません。実は、この『 凱旋門賞 』は91回全てヨーロッパの馬が勝っています。
日本の馬もアメリカの馬も勝てない。
最強の挑戦者 ディープインパクトは3着、日本馬の最高着順は2着(3回)
このレースは3歳馬が断然有利と言われていて今年は日本ダービー馬キズナ(3歳)が参戦!
日曜日の前哨戦でも英国ダービー馬ルーラーオブザワールド(3歳)を撃破し期待が高まります。
オリンピックも決まったし、日本の初代 凱旋門賞馬 としても良い名前と思います。
1969年からの悲願が遂に達成されるかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です