テレマークスキー

テレマークスキーの無料体験試乗会&講習会に行って来ました。
たまたま秀岳荘のホームページを見まして日曜日にカムイスキーリンクスであることを知り、思い切って行ってみる事にしました。
テレマークスキーとは、アルペンスキーがスキー板にブーツを完全に固定するのに対して、
テレマークスキーはスキー板にブーツのつま先(コバ)だけを固定し、踵を浮かす事ができるのが最大の特徴です。
また、アルペンスキーのターンとはまったく異なっており、外見上も一目で見分けが付きます。
ターンに際し安定を得るため足を前後に開き、ターン外側の足を前に出して足裏全体で加重。
内側の足は後ろに引き、踵を上げて拇指球(親指の付け根)で加重するという独特な形をとります。
当日、テレマークスキーは初めてというAさん・Bさん・私の3人が講習会に参加。
まずはリフトで上がって先生のお話を聞き、その通りに滑ります。
Aさん・Bさんはアルペンスキーをやっているそうで、なかなかうまく滑れています。
私はといえば、なかなか思い通りに身体が動いてくれない・・・最後には、「真面目すぎ~」と怒鳴られました(笑)
1回、下まで下りて講習はおしまい。
あとは、自分で滑ってみてくださいと・・・。
なんてったって無料ですからね(笑)
6回ほど、自分なりに滑ってみて多少はできるようになったかな??
いや、できてないです。
かなり難しいです。
今回、山スキーとテレマークスキーは、どう違うのか知ることができたし、思い切って行って見て本当に良かった。
勉強になりました。
翌日から筋肉痛に悩まされたのは言うまでもありません(笑)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です