グレー

治安の良いバンクーバーにも
危険な地域があった
チャイナタウンから移動する時に
その地域に接した通りを歩いたが
反対側の歩道は我々が歩けない世界だった
世界中どこでも、出来る人もいれば出来ない人もいるし
今の世界が合う人も合わない人もいる
だからと言って、その人達を排除することは出来ないし
その人達の人権を軽視してもいけない
今の世界を牛耳っている勢力(考え方も含む)が
強くなりすぎるて生きにくくなり過ぎ
イスラム国のような存在があると思う
全然関係のない国からも同調する者が多いのは
同じような価値観だからではないだろうか?
バンクーバーの危険な地域では
注射器を無料配布するらしい
この日本ではまかり通らない対応は
世界規模で物事を考える時
必要な物差しだろうと思った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です