今までありがとう。

年をとると あらゆる所が緩んでくる。
 今日の朝礼で、約10年勤めた者が退社するに当たって挨拶をしていた。
多分 本人は沢山話したいことがあったのかもしれないが、今までの走馬燈が言葉より先に涙に変わり、短い言葉の中に「社長ありがとう御座います」…と言ってくれた。
 私も 少々緩んだ涙腺を隠しつつ 朝礼終了後、逃げるようにと席ににつく。
もし、私の前に来たら、私こそ みっともない面をみんなにさらすからだ。
 10年ひと昔と言うが、
女性がひとつの会社に10年近く勤めると言う事は、凄いことだ。
特に弊社の10年前は、会社の基盤造りにあたり、その頃は右往左往した波乱の時代 全員で苦労を共にした。
 共に苦しみ…
  共に笑った…
 また、10年いると、社長の良いところも悪い所も分るようになる。時には自分たちの家族のようなお付き合いもあった。
 私が怒りつけた事もあり、そして、私たち家族が困っていた時も助けてくれたこともあった。
 ただただこの一言に尽きる。
「小ナス」いままで本当にありがとう~!
 そして、
 これからは、あなたも経営者の仲間いり、私たちと対等のお付き合いになりますね。
 これからも頑張って…プチファイター!

※ そして、辞めていく者達の為にも
残っている我々は、頑張って、会社を発展させて行かなければならない。
 それは…辞めた者達が、胸を張って
 「あの会社に私 いたんです。」と言えるように!
   それが、最高の餞(はなむけ)だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です