ワクワク感=行動

ある会話で…
 「私は小心者だから そんことはしない」…と言ったら、
 何言ってるの~と、言わんばかりに即返された。
 「あんたのような人の方が大胆な行動をとるのだ」…と
 昔から知っている様な言い方で…なにも返せなかったが、
 極端な話し…
「私達の人生は全て行動で決まる」と言っても過言ではない。
 頭での思考や言葉は、なんぼでも大きいことや立派な事は言えるが、最終的に結果を出すのは自分が行った行動のみだ。
・小心な人間は行動を起こす前に怖れる。
・臆病な人間は行動を起こしている間怖れる。
・大胆な人間は行動して結果が出てから怖れる。
 これは、営業の世界でも同じだ。
行動を起こさないで、どうしようと考える、思考すればするほど、売れない理由とダメな理由だけを考えるものだ。そうなると→「行動はしない」の結論ずけにおわる。
 絶対的に、営業は頭でも口でもない
        行動している者に敵わない。
 先般、社員数人が美瑛ヘルシーマラソンに参加したようだ。結果は喧々諤々で、「もう走らない」と言う者や、「また参加しよう」という者、そして「今度はワンランク上に参加しよう」という者。
これなどは、参加した者だけが、胸を張って言える重厚な言葉。
 参加しようと言う行動にかき立てたのは、きっと思って「走ってみようと言うワクワク感」だと思う。
 ワクワク感に思考はないのだ。
 その若さゆえのワクワク感=行動力を大切にして頂きたい。
若い時は自分にヤンチャ(嗜虐的)だった。
 マラソンもした、山超えの縦走もした、バイクを持っていたのに敢えて自転車で九州まで行った、妊婦の奥さんを置いて海外旅行にいった。
 ※もう無理なのは分かっているが、今でも気持ち的には常務に負けないと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です